アスパラギン酸


新陳代謝を活発に、そしてスタミナも


英文名:Aspartic Acid
[機能分類]【疲労】 【スポーツ】

野菜のアスパラガスから発見されたため、アスパラギン酸と名付けられた。
ほか、豆類やさとうきび、肉類、ナッツ類などに含まれる。

非必須アミノ酸のひとつで、エネルギーの代謝に関与。
アミノ酸回路において、アスパラギン酸からオキサロ酢酸が生じるため、窒素とエネルギーの代謝を高めるといわれる。
これにより、疲労をためにくくなる。

また、アスパラギン酸はカリウムカルシウムマグネシウムの運搬役も担っており、アスリートなどのミネラルの補給剤として、アスパラギン酸塩が使われることもある。

タンパク質の合成材料となるほかに、アスパラギン酸およびアスパラギン酸とアンモニア、アデノイド三リン酸にアスパラギン合成酵素(アスパラギン酸アミノフェラーゼ)作用してできるアスパラギンには尿の合成を促進。
これにより体内の循環器系にはいり危険なアンモニアの排出、中枢神経を防御する。
また、神経伝達物質の材料でもある。

 当サイトのコメント

一部のガン細胞はアスパラギン酸により活性化する場合があるので、そのようなときは医師と相談したい。
その場合は、アスパラギン酸分解酵素を投与するのが一般的。

アスパラガスやもやしからアスパラギン酸を摂取する場合は、ゆでるのは避け、生のままいためたり、揚げるのが効果的。
水溶性ビタミンの流れ出しも防げる。

スタミナ向上は実証されていて、スポーツドリンクなどにも多く配合されている。
ただし、特定のアミノ酸のみを多く摂取するとカラダに負担が生じるので、必須アミノ酸、非必須アミノ酸をバランスよくとりたい。
プロテインやアミノ酸のサプリを上手に使いたい。

これらのサプリは運動や食事の1時間程度前にとると効果的といわれる。


関連記事