アルギニン


成長ホルモンの合成に関わり、免疫強化と筋力アップ


英文名:Arginine
[機能分類]【スポーツ】 【免疫】 【男性】

アミノ酸の一種。成人は体内で必要量を合成できるので非必須アミノ酸だが、子供は合成力が未熟で不足することもあるので、必須アミノ酸とされる。

アルギニンはカラダを活性化したり、免疫反応を強化する成長ホルモンの分泌に関与。
成長ホルモンはカラダの脂肪の代謝を促進したり、筋肉を強化する作用がある。

また、血管の内皮細胞が作る血管拡張因子である一酸化窒素の原料や体内で有害なアンモニアを尿素に変換して排出させる役割をするオルニチンの原料ともなる。
ほか、免疫反応を助けたり、男性の精子数をアップさせるなどの効果もあるといわれる。精力増強のサプリメントにも多く配合されているのはそんな理由からだ。

保湿力も強く、化粧品など外用の目的でも使われる。

 当サイトのコメント

過剰に摂取すると肌の荒れや皮膚が厚くなるなどの症状が出る。成長期の子供に与えすぎると、巨人症にかかる危険もある。

成長ホルモンの分泌が促進されるということで、ボディビルダーなどのあいだで栄養補助食品として使われることもある。

過剰症の危険もあるので、成長ホルモンの効果を狙うのであれば、成長ホルモンのサプリメントを摂ったほうが効果的か。
ただし、成長ホルモンの効果については、未知数の部分が多い。

サプリメントとして摂るのなら、就寝前の空腹時が効果的だ。


関連記事