アルギン酸


摂りすぎたナトリウムを排出


英文名:Alginic Acid
[機能分類]【ガン】 【高血圧】 【動脈】

アルギン酸は食物繊維の一種で、不溶性食物繊維のアルギン酸カルシウムと水溶性食物繊維のアルギン酸カリウムがある。
いずれもわかめや昆布などの海藻類に多く含まれている。
わかめなどのヌルヌルは、水溶性のアルギン酸カリウムだ。

水溶性のアルギン酸カリウムは胃の中に入ると、アルギン酸とカリウムに分解される。
切り離されたカリウムは吸収され利用。
その後、小腸に達したアルギン酸は今度はナトリウムと結合し、アルギン酸ナトリウムとなり体外に排出される。
つまり、高血圧の原因となるナトリウムの排出作用と、血圧を下げる働きのあるカリウムを摂取できるという一石二鳥の効果がある。

また、ぬめりの効果で余分なコレステロールを包み込み、体外に排出する作用もあるとされる。
これは悪玉のLDLコレステロールのみに働くので、効果が大きい。

一方、アルギン酸カルシウムは胆汁酸を吸収して、排泄する作用がある。
これにより、胆汁酸の原料であるコレステロールの過剰を防ぐ。

また、アルギン酸カリウムと同様、ナトリウムの排出作用もある。

 当サイトのコメント

水溶性の食物繊維は胆汁酸を吸収してコレステロールを減少させる効果があり、それにより動脈硬化などを予防。

また、脂溶性の食物繊維は大腸で水分を吸収。
便のかさが増すことにより排便がスムーズになり、痔や便日の解消になる。
排便がスムーズになりことは、結果として有害物質が腸内に停留することが少なくなるので、ガンのリスクも減少するとされる。

サプリメントでは、同じく海藻のヌルヌル成分のひとつであるフコイダンと組み合わされたものが多い。
相乗効果を狙う。


関連記事