アルファリノレン酸


ガンやアレルギーなどの予防に期待


英文名:Alpha Linolenic Acid
[機能分類]【ガン】 【高血圧】 【動脈】 【生活習慣病】 【精神不安定】

n-3系の多価不飽和脂肪酸の1つで、ヒトの体内で合成できないため、必須脂肪酸とされる。
シソ油やアマニ油などに多く含まれる。

アルファリノレン酸は体内で代謝され、EPADHAに変換。
アルファリノレン酸を摂ることで、これらの有用脂肪酸と同じ効果も期待できる。

アルファリノレン酸の効用は、体内で変換されるDHAとEPAの効果で、いわゆる血液さらさら効果による動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防があげられる。
また、末梢の血液の流れをスムーズにすることから、高血圧の解消にも効果があるとされる。

一般にアルファリノレン酸をはじめとするn-6系の脂肪酸はリノール酸などn-3系の脂肪酸に対して競合的に働くことが分かっている。
リノール酸などn-3系の過剰摂取によるさまざまな疾患を抑制する効果が期待できるということになる。

たとえば、n-3系の脂肪酸を摂りすぎることにより発症するとされるアトピー性生皮膚炎は、アルファリノレン酸を摂取することにより緩和される。
これはリノール酸の摂りすぎにより細胞にアラキドン酸が増加。
これによりヒスタミンなどアレルギー因子が大量に生成され、アトピー性皮膚炎や花粉症、ぜんそくなどのアレルギー疾患が引き起こされるからだ。
アルファリノレン酸はこれらの働きを強力に阻害する。

第6次改訂日本人の栄養所要量によると、n-6系の脂肪酸とn-3系の脂肪酸の摂取比率は4:1がいいとされている。
しかし最近の研究ではn-3系をさらに高め、1:1程度を推奨することが多くなった。

 当サイトのコメント

アルファリノレン酸のおもな効果は、DHA・EPAを体内で合成する、ガン細胞の増殖を抑制する、血液の流れをよくするなどである。

アルファリノレン酸は分子中に壊れやすい二重結合を3つも含むため、非常に酸化しやすい。
そのため、アルファリノレン酸を含む油は加熱調理しないのが原則。
サラダやマリネなどに使用するとよい。

また、脂肪酸なので1g中に9kcalのエネルギーを持つ。
したがって摂りすぎは肥満の元となる。
ただし、高エネルギーを日常的に必要とする人は、炭水化物などよりも脂肪を多めに摂ったほうが、カラダ(特に消化器系)に負担が少ない。

アルファリノレン酸の健康効果は注目されていて、最近の研究では、抗鬱作用やアルコール過剰による肝臓障害やアルコール依存症にも効果があるとされる。


関連記事