アルファリポ酸


ビタミン不足の時のピンチヒッターも


別名:チオクト酸/英文名:Alpha Lipoic Acid
[機能分類]【アンチエイジング】 【ダイエット】 【スポーツ】 【肝臓】
サプリでの推奨摂取量:100mg

人の細胞がエネルギーを作るときに使われる物質で、活性酸素の働きを弱め、各種ビタミンの抗酸化性を高める作用がある。

リポ酸はいわゆる「ビタミン様」物質で、体内で発生した活性酸素を抑制する抗酸化がおもな役目。
体内で生成される物質だが、加齢により生産量が減少してくる。

抗酸化作用といえばビタミンCビタミンEだが、リポ酸はこれらが不足するとその代替として働く。
また、CやEの効果を高めることも期待される。

抗酸化作用のほかにも、肝臓の代謝を良くしたり、パントテン酸ビタミンB1とともに糖やアミノ酸の代謝に関わり、血糖値を正常にする働きもあるとされる。

 当サイトのコメント

皮肉なことに活性酸素は運動をするなどのカラダにいいことをしても大量に発生する。
ビタミンCをはじめとした、活性酸素除去のサプリを活用したい。

また、リポ酸をはじめとした抗酸化物質には活性酸素の除去だけでなく、筋肉の回復を早める作用も確認されている。
リポ酸は水溶性でも脂溶性でもないため、体内のすべての細胞に浸透できることから、効果が高い。

動物実験により、リポ酸が脳卒中の損傷を完治することが確認されている。

リポ酸は体内で合成されるが、年とともにその量が減少する。
リポ酸を含む食品はレバーなどであり日常の食生活では補いにくいので、サプリメントで補給するのが現実的だろう。

アルファリポ酸のダイエットの仕組みは、1つは肝臓の働きを強化する働きから。
肝臓の動きが活発になるとエネルギー代謝効率が高まり、食べた物を効率よくエネルギーに変え、脂肪として蓄積されにくくなるとされる。
また、もう1つの作用として、エネルギー代謝効率を上げる働きがある。


関連記事