アロエ


おもな働きは胃腸の正常化


英文名:Aloe Vera
[機能分類]【胃腸】 【便秘】 【糖尿】 【美肌】

医者いらずなどとも呼ばれ、日本では「けが」の治療に、中国では便通をよくする生薬としても使われてきた。
健康食品として利用されるアロエは、キダチアロエとアロエベラで、ケープアロエは医薬品で便秘薬として使用される。

アロエの苦みはアロインとアロエエモジンによるもので、これらの成分は胃腸の働きを活発にする。
また、潰瘍を抑える効果があるアロエウルシンも含まれていて、消化・吸収に効果のあることが分かる。

ほか、抗ガン作用や抗菌作用のあるアロミチンも含有。

医者いらずといわれるだけのさまざまな効果が期待される。

 当サイトのコメント

アロエヨーグルトなどが多く発売されているが、ヨーグルトなどに含まれているのは、アロエベラの葉肉成分(内部の透明なゼリー様の部分)で薬効成分はほとんどないといわれる。
アロインなどを含む緑色の外皮は医薬品だ。

ただ、葉肉成分に含まれる多糖類がカラダにいい影響を与えるというが、はっきりしたことはまだよく分かっていない。

抗菌作用が強いので、エキスを頭皮にすり込むことで、薄毛予防にもなるともいわれている。


関連記事