イソチオシアン酸


強力な抗酸化作用をもつ


英文名:Isothiocyanic Acid
[機能分類]【ガン】

イソチオシアン酸類にはイソチオシアネート、スルフォラフェイン、アリルイソチオシアネートなどがある。
いずれも強い抗酸化力を持ち、DNAの損傷を抑えたり、ガンの原因となる酵素の働きをじゃまするなどして細胞がガン化するのを防止する。

イソチオシアネートはキャベツやマカなどに多く含まれ、発ガン性物質の活性化を抑制するとともに、ガン化する直前の異常細胞の増殖を抑える働きがあるとされる。

ブロッコリーの新芽に多く含まれるスルフォラフェインには発ガン性物質が細胞内に侵入するのを防止する働きが認められた。

アリルイソチオシアネートはわさびの辛み成分で、強力な抗菌作用がおもな働き。食中毒の予防などになる。

 当サイトのコメント

キャベツやブロッコリー、わさび、青汁で有名なケールはいずれもアブラナ科の野菜。
アメリカ・国立ガン研究所ではガンを予防する「デザイナーフーズ」の上位にアブラナ科の野菜をランクしているほど。

アブラナ科の野菜にはイソチオシアン酸類のほか乳ガンを予防する働きのあるインドールカロテノイドフラボノイドなど抗ガン作用のあるといわれる成分がふんだんに含まれている。

日常の食事で積極的に摂りたいもの。


関連記事