オレイン酸


動脈硬化の予防に効果


英文名:Oleic Acid
[機能分類]【ガン】 【動脈】 【脳卒中】

酸化に強く、健康に効果のあるとされる脂肪酸。
一価(単価)不飽和脂肪酸(n-9系)で、オリーブ油などに多く含まれる。

1960年に行われた調査で、地中海沿岸地域に住む人たちに他のヨーロッパ地域の人たちと比べ心筋梗塞の発症率が低いことから注目され、研究がはじまった。

一般の不飽和脂肪酸にはコレステロールを減少させる効果があるものの、酸化しやすい欠点がある。
しかし、オレイン酸は安定しており、ガンの原因となる過酸化脂質を作りにくい性質がある。

また、リノール酸が善玉コレステロールであるHDLコレステロールをも減少させるのに比べ、オレイン酸は悪玉といわれるLDLコレステロールのみを減少させるとされている。
これらが、動脈硬化や心筋梗塞の予防に効果があるといわれるゆえん。

 当サイトのコメント

加熱による酸化も少ないので、加熱量にも安心して使える。

注目されているオレイン酸の一種に、パルミトオレイン酸がある。
これは、マカダミアナッツオイルやウナギなどに多く含まれている。
パルミトオレイン酸は脳内血管に進入できる数少ない脂肪酸のひとつで、脳の血管を強くする作用があるとされる。
人の皮膚にも多く含まれているが、加齢とともに減少。

健康によいとされるオレイン酸だが、他の脂質と同様1gあたり9kcalのエネルギーを持つ。
摂りすぎは肥満や高血圧、糖尿病の原因となる。


関連記事