カルニチン


脂肪燃焼に効果的に働く


別名:Lカルニチン/英文名:Carnitine
[機能分類]【ダイエット】

カルニチンにはL型とD型があり(光学異性体)、D型には健康効果は認められていない。
サプリメントでカルニチンという場合は、Lカルニチンのことを指す。

脂質の代謝に必要な物質で、脇の下付近などにある褐色脂肪細胞を活性化させる。
褐色脂肪細胞が働くことにより、リパーゼという酵素ができ、脂肪を分解する。。
また、リパーゼはエネルギーに変換されやすい遊離酸脂肪を作る働きもあることから、結果として脂肪の燃焼が促進されることになる。
褐色脂肪細胞とは簡単にいえば余分なカロリーを熱に変えて燃やす働きがある脂肪細胞のこと。

また、遊離酸脂肪を利用するサイにもカルニチンが利用される。このことから、カルニチンが脂肪燃焼に重要な働きをすることが分かるだろう。

しかも、カルニチンには抗酸化作用もあり、中性脂肪を低下させたり、心臓などの臓器に脂肪が付きにくくする作用もある。

カルニチンは肉類のタンパク質などに多く含まれる。
そのため、極端な菜食主義では不足する場合もあるので、注意が必要。

 当サイトのコメント

アルファリポ酸とともにダイエットに有効な成分として注目されている。

カルニチンは肝臓や腎臓内でリジンとメチオニンというアミノ酸から合成されるが、加齢とともに生成量は少なくなる。
年齢とともに太りやすくなったとか、疲労がたまりやすくなったときはサプリメントなどでカルニチンを補うことが必要だろう。

すべてのダイエットに効果的なサプリにいえることだが、適度な運動を伴わないと、せっかくカルニチンが燃えやすい形に変換してくれてももとの脂肪に戻されてしまう。
ダイエットには食事制限、運動、サプリのバランスが欠かせない。

ちなみに、脂肪を効率よくエネルギー変換する共役リノール酸を摂ることで、効果的に脂肪燃焼を促すことができる。


関連記事