キトサン


コレステロール値を抑えるととに、免疫強化


英文名:Chitosan
[機能分類]【生活習慣病】 【ダイエット】 【便秘】 【ヘアケア】

カニの甲羅やイカや貝などの器官に含まれる成分。

サプリメントの原料として使われているのはカニの甲羅で、キチンより作られる。
化学処理をして、キトサンを作るのだが、どうしても20%程度のキチンが残るので、キチン・キトサンとまとめて呼ばれることも多い。

キトサンは食物繊維の一種であるが、アミノ基を持っているのが特徴的。
アミノ基には体内の有害物質を吸着する作用があり、腸内で塩素や胆汁酸などを取り込んで排出する。
このため、高血圧やコレステロールを抑えることができる。

注目されるのが、免疫機能の1つであるマクロファージを活性化させる作用。
マクロファージは体内に侵入した異物を食べ、これにより異物の影響を無毒化する。
免疫機能の中心的役割だ。キトサンがマクロファージを強化することにより、カラダの自然治癒力が強化される。

キチンに含まれるN-アセチルキトオリゴ糖やキトオロゴ糖はガン細胞の転移や増殖を抑える効果があると確認されている。

また、最近の研究で、体内のダイオキシンや毒性の強い有害金属を排出する作用があることがわかってきた。

 当サイトのコメント
キトサンは食物繊維の一種なので、摂りすぎたり慣れていない場合は下痢や便秘などになる場合もあるので注意。
また、体質によっては吐き気や倦怠感などが現れることがあり、この場合、摂取は中止したほうが無難だ。キトサンにはこのほかにもさまざまな効果があると期待されていている。
例をあげると、糖尿病、高脂血症、肝炎、腎臓病、アレルギー性疾患、不眠症、神経痛、リウマチ、腰痛、白内障、骨粗鬆症、更年期障害などほとんどすべての生活習慣病や加齢による悩みなど。
ほか、髪の毛が増える、皮膚がみずみずしくなるなどの美容効果もあるといわれる。過剰症による障害はほぼない。


関連記事