キャッツクロー


抵抗力をつけてくれるハーブ


英文名:Cat’s Claw
[機能分類]【高血圧】 【免疫】

ペルーに自生するカギカズラ属のハーブで、葉の付け根に猫の爪のような「とげ」があるのでこう呼ばれる。

有効成分はポリフェノールをはじめ、アルカロイド、トリテルペンなどであるが、作用については研究中のものが多い。

アルカロイドは8種類確認されていて、そのなかのイソプテロポディンに白血球の作用を活性化することがわかっている。

そのほかのアルカロイドが血管を拡張して血圧を下げたり、血小板の凝集を抑え血栓を予防するなどの働きがあり、脳卒中の予防にも効果があるといわれる。

ほか、抗炎症作用もありリウマチや神経痛、関節炎にも効果があるとされる。

 当サイトのコメント

研究中のものが多いので、おススメしにくいが、血液をサラサラにしてくれる作用が特筆されるので、生活習慣病の予防に役立ってくれるのではないだろうか。

血管拡張作用があるので、降圧剤との併用は避けたい。
また、ワルファリンなど血液凝固阻害剤を使用している場合も控えたい。
各種医薬品を使用している場合は、医師と相談しよう。


関連記事