ギムネマシルベスタ


糖分の吸収を抑える働き


英文名:Gymnema Sylvestre
[機能分類]【ダイエット】 【糖尿】 【便秘】

ギムネマシルベスタはインドに多く自生しているガガイモ科のつる性植物。
ヒンディ語で「砂糖を壊すもの」という意味がある。

有効成分はギムネマ酸で、インドでは古くから糖尿病の治療薬として利用されてきた。
ギムネマ酸には砂糖の甘みを感じさせなくしたり、甘い食べ物を食べたくなくなる作用がある。

働きは小腸でブドウ糖を吸収させにくくすること。
このため血糖値の急上昇が抑えられ、糖尿病の予防や治療となる。
しかも、必要以上に血糖値を下げることがないため、低血糖を起こす心配もないのがうれしい。
インスリンには糖を脂肪としてため込む作用もあるので、ギムネマシルベスタのインスリンを抑える作用により、肥満防止にもなる。

また、便通をよくする作用も認められている。

 当サイトのコメント

ダイエット成分として注目されているガルシニアカンボジアが糖を脂肪に変換させない作用に対し、ギムネマシルベスタは糖そのものの吸収を阻害する。

必要以上に吸収された糖は脂肪に変換されるので、どちらの成分も肥満防止に役立つというわけ。
ダイエット食品にガルシニアカンボジアとギムネマシルベスタが同時に含まれていることが多いのはこういった理由からだ。

ギムネマシルベスタは、お茶にして煮出しても有効成分のギムネマ酸が溶け出すので、利用したい。


関連記事