クレアチン


瞬発力のみなもと


英文名:Creatine
[機能分類]【スポーツ】 【頭脳】

クレアチンはアミノ酸の一種で、アルギニンメチオニングリシンから成る物質。

肝臓で作られ、筋肉中でリン酸塩のリン酸クレアチンとして蓄えられている。

筋肉中にはカラダにあるクレアチンの95%があるとされ、瞬発的に力を出すときに使われている。

おもに肉類に多く含まれ、それらを摂取することで補給できるが、スポーツ選手などはサプリメントなどで補うことも多い。

カラダが必要とするクレアチンの量は1日に2〜3gとされ、半分を体外から摂取することで補い、残りを体内で合成されるとされる。

心不全の薬としてのクレアチンもあるが、これは注射によるもの。
経口摂取のサプリメントの効き目とは異なるので注意。

 当サイトのコメント

クレアチンの摂取とトレーニングによって筋肉(おもにサイズや量)が増えるという働きがあるとされる。

瞬発力を必要とする短距離走などの記録向上や疲労軽減にも効果があるとされるが、マラソンなど持久力を必要とするスポーツでの効果はないとされる。
また、一般的な疲労回復の効果も確認されていない。

極端な話だが、(理論的には)クレアチンを摂取していれば運動をしなくなっても筋肉量が落ちることはないとされる。
もちろん理論上の話で、実際はそんなことはないが…。
ただし、軽い運動でも筋肉が付きやすくなることは実証されているので、落ちにくくなることは確かだ。

筋肉量が増えるということはなにもしなくても消費するエネルギー量(基礎代謝量)が増えるということなので、太りにくい体質にもなる。

最近の研究で、脳内のクレアチンが脳の機能をアップさせるという報告もあり、注目されている。


関連記事