クロロゲン酸


ポリフェノールの一種


英文名:Chlorogenic Acid
[機能分類]【ガン】

ポリフェノールの一種で、ジャガイモやサツマイモの皮、コーヒーなどに多く含まれる。
活性酸素の発生を抑える働きがあり、ガンなどの生活習慣病予防にも役立つ。

 当サイトのコメント

ポリフェノールの項も参照してください。

クロロゲン酸はガンの予防だけでなく、ガンの原因となる細胞の突然変異を防いだり、発ガン物質のニトロソアミンの発生も抑制。
一石二鳥以上の効果があるといわれる。

エゾウコギなどにも含まれている。


関連記事