シトルリン


バテたカラダに活力を与える


英文名:Citrulline
[機能分類]【疲労】 【スポーツ】 【男性】

スイカやゴウヤ、タマネギ、ニンニクなどおもに夏に収穫される野菜など含まれる成分。

シトルリンは体内に入るとアルギニンに変化。

アルギニンは体内で血管を柔らかくしたりする効果のある一酸化窒素を作り出す。
加えて、一酸化窒素は、血管をリラックスさせて血流を上げる作用をする。
これにより、末梢血液量の増加、血液がスムーズに流れることによる老廃物の排出などが期待できる。

ほか、シトルリンには成長ホルモンの分泌を促進させたり、カラダに有害なアンモニアを尿素に変化させて排出を促す作用もあるといわれる。

 当サイトのコメント

アルギニンを直接摂取するよりも、シトルリンを摂取した方が血液中のアルギニン濃度を効率よくアップできるといわれている。

日本でも2007年8月より食品(サプリメント)に配合できるようになった。
疲労回復やスポーツパフォーマンスの向上などの機能でアピールしている


関連記事