セサミン


強力な抗酸化力


英文名:Sesamin
[機能分類] 【肝臓】 【ガン】 【免疫】

ゴマに含まれる抗酸化成分のゴマリグナンの一種で、肝機能を強化する効果が期待できる。

ゴマリグナンはゴマの約1%程度を占めており、その半分がセサミンだ。

セサミンはアルコールの分解をスムーズにし、二日酔いなどの悪酔いを防止。
さらに肝臓ガンの予防にも効果があるとされる。

ほか、強力な抗酸化作用から乳ガンの予防やコレステロール値を下げたり、血圧を下げる効果も確認されている。

ビタミンEと協力して、さらに抗酸化力がアップする。

また、セサミンはビタミンEの保護効果もあるので、いっしょに摂取するといいだろう。

 当サイトのコメント

肝臓で脂肪を利用しやすい形に変える酵素を活性化する作用もあるので、脂肪を落としやすく、ダイエットにも効果があるだろう。

アルコール分解の効果を狙うのなら、飲酒の前にゴマを少し摂るといい。

コレステロール値を下げるのは、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やすから。ただし、ゴマの摂りすぎは油の摂取過剰となるので、サプリメントで摂るのもオススメだ。

ちなみに健康効果のあるといわれる1日10gは大さじ1杯程度だ。


関連おすすめ情報!
関連記事