テアニン


リラックス効果に期待


英文名:Theanine
[機能分類]【脳卒中】 【精神不安定】

テアニンとはグルタミン酸エチルアミドのことで、茶葉に多く含まれる。
緑茶のうまみ成分の1つでもあり、玉露に特に多い。

カフェインの覚醒作用に相反し、精神安定作用が認められている。
摂取後約40分程度で、脳のアルファ波が増加し、集中力のアップや精神安定の作用があると確認された。
これは脳内情報伝達物質であるドーパミンが出るのを促したための効果。

脳の血管が詰まる脳梗塞をテアニン投与で抑制できることも、動物実験でわかってきた。

 当サイトのコメント

緑茶のうまみ成分であるので、玉露などの高級茶葉に多く含まれる傾向がある。
ただし、煎茶などでも水出しなどで入れれば、テアニンを効果的に摂取することができる。


関連記事