ノコギリヤシ


男性にうれしい効果のハーブ


別名:ソーパルメット/英文名:Saw Palmetto
[機能分類]【男性】 【ヘアケア】 【しもの悩み】
サプリでの推奨摂取量:1500mg

北米原産のヤシ科の植物で、アメリカ先住民が古くから使用していて、その利尿作用・強壮作用はよく知られていた。
男性のためのハーブだ。

英名はソーパルメット。効果を発揮するのは前立腺。男性は加齢によりホルモンバランスが崩れると、前立腺が肥大する傾向がある。

前立腺が肥大すると5α-リアクターゼという酵素が分泌され、ヒドロテストテロン(DHT)を作り出す。
このDHTは前立腺を肥大する作用があり、悪循環に陥ることになる。
前立腺が肥大すると、残尿感、頻尿、排尿困難などを発症。
ノコギリヤシは5α-リアクターゼに働きかけ、DHTの生成を抑制する。

ヨーロッパではノコギリヤシは医薬品としても利用されているほど効果があり、前立腺肥大による残尿感が大幅に減ったとの臨床報告もある。

DHTは皮脂腺にも多く存在し、頭皮においては発毛の阻害をする物質。
DHTを抑制することで、男性型脱毛症(前頭部)の解消にもなる。

過剰摂取による副作用のあまり報告はないが、血小板凝集抑制の作用もあるため、出血作用が高まるとされる。
一部、肝機能障害も報告されているが、真偽は定かでない。

 当サイトのコメント

日本でも頻尿など前立腺肥大による症状の治療薬にノコギリヤシが使われはじめている。

ビタミンEと同時に摂取すると効果が高まる。

尿など男性の下半身の悩みを解決する効果があるので、一度試してみるのもよい。前立腺肥大の解消とともに注目されるのが薄毛の解消だ。

男性型脱毛症を解消するとして唯一認められている経口薬・プロペシア(薬名:フィナステライド)と同様にDHTの抑制作用により、発毛しやすくなる。

しかも、プロペシアと違い精力減退や睾丸の縮小などの副作用はない(ノコギリヤシは逆に強壮効果が認められる)。

また、DHTにはI型とII型があり、プロペシアはI型にしか作用しないのに対し、ノコギリヤシは両方に効果があるといわれる。
飲むだけでなく、エキスを頭皮に塗り込むことで育毛する方法も提案されている。


関連記事