ビタミンB13


葉酸やビタミンB12の働きを助ける


英文名:Vitamin B13
[機能分類]【肝臓】

正式にはビタミンB群の仲間ではない。

水溶性のビタミン様物質で、オロット酸とも呼ばれる。
葉酸ビタミンB12の働きを助ける役目をする。

まだ不明な点も多いものの、肝臓障害や早すぎる老化を予防する働きがあるとされている。

その他の働きや所要量、欠乏症などの研究は途上だ。

 当サイトのコメント

根菜類やビール酵母、小麦胚芽(はいが)などに含まれている。


関連記事