ビタミンP


毛細血管を強くする働きがある


英文名:Vitamin P
[機能分類]【高血圧】 【口】 【更年期】

水溶性のビタミン様物質。

フラボノイド化合物のことで、そばに含まれるルチンや柑橘類の色素であるフラボン類、ヘスペリジン、シトリンなどが含まれる。

おもな作用はコラーゲンを作るビタミンCの作用を補強して、毛細血管を強く丈夫なものにすること。

毛細血管は細胞組織などに栄養や酸素を供給する重要な血管。
適度に透過性が保たれている必要があるものの、透過性が強すぎると血液中のタンパク質が染み出して出血しやすくなったり、最近の侵入を容易にさせてしまうなどの弊害がある。
ビタミンPは毛細血管の透過性がよくなり過ぎるのを抑える働きをする。

ほか、ビタミンPには毛細血管を収縮させたり、血圧を下げる作用も認められている。

更年期に見られるほてりの解消にもいいとされる。

 当サイトのコメント

ビタミンPはビタミンCの吸収を促進し、Cの酸化を抑える働きもあり、ビタミンCとともに摂取するのが効果的だ。

ミカンやレモン、グレープフルーツなどの柑橘系に多く含まれている。
特に皮の部分に多く含まれている場合が多いので、薄皮など食べることが可能ならいっしょに摂りたいもの。

過剰症の心配はないとされる。


関連記事