ピニトール


豆類などに含まれ、血糖値を調整する働き


英文名:pinitol
[機能分類] —

ミオイノシトール(イノシトールのこと)の光学異性体で、大豆や松葉、エゾウコギなどに多く含まれる。

研究はまだはじまったばかりだが、各種生活習慣病の予防や緩和に効果があるのではと期待されている。

おもな作用は、
・血糖値の降下
・肝臓の保護
・白内障の予防
・エネルギー代謝の促進
で、いずれも動物実験では実証されている。

1997年にアメリカ・FDAでダイエット用の素材として承認されていて、ダイエットやエネルギー強化のサプリメントに配合されている。
また、日本でも2003年より糖尿病患者の健康食品として販売を開始された。

 当サイトのコメント

まだあまり知られていない成分なので、含まれていても「イナゴ豆抽出物」などと記載され、ピニトールという表記のないものがある。

まだまだ研究段階で、大量摂取による健康効果や被害などのデータが少ない。


関連記事