フィチン酸


ガンや生活習慣病への効果に期待


英文名:Phytic Acid
[機能分類]【ガン】 【生活習慣病】

小麦ふすまや玄米、豆類などに多く含まれていて、活性酸素の発生を抑えて、ガンや生活習慣病の予防をするとされる。

食品中のカルシウムと強く結合し、それらを不溶化し、体外へ排出させてしまうことから、近年まではあまり摂らないほうがよいとされていた。
しかし、肝臓での酸分泌抑制や腎結石、虚血性心臓病の発症抑制などがあるとの報告があり、注目された。

フィチン酸が分解してできるイノシトールにもさまざまな健康効果がある。

 当サイトのコメント

カルシウムなどのミネラルを排出してしまうことから、摂取が難しい成分である。
しかし、その強い抗酸化作用は魅力。
ガンや各種生活習慣病の予防に効果がある。虫歯予防にも効果があるとされる。

カルシウムは比較的容易に摂取できる成分なので、フィチン酸の排出作用を上回る量を摂ればよい。
鉄分は男性や閉経後の女性は積極的に摂る必要はないので、フィチン酸の悪さを気にすることはないだろう。


関連記事