ペクチン


乳酸菌を増殖させ、腸の調子を整える


英文名:Pectin
[機能分類]【美肌】 【便秘】 【胃腸】 【ガン】

食物繊維の一種。

不溶性と水溶性の2種類があり、果実の場合、未熟なうちは不溶性(プロトペクチン)、完熟すると水溶性に変わる。

腸内細菌のバランスを適切にして便秘解消や、コレステロールを下げる効果があるとされる。

 当サイトのコメント

水溶性のペクチンは胃腸薬に配合されたりしている。

また、ガンの予防にも効果があるとされ、特に大腸ガンにはいいとされる。

最近はリンゴに含まれるリンゴペクチンが注目されている。
リンゴペクチンには善玉菌といわれるビフィズス菌の増殖を助けるアラビノオリゴ糖が側鎖として構成されている。


関連記事