亜鉛


細胞を元気に! さまざまな機能を正常するのを助ける


別名:ジンク/英文名:Zinc
[機能分類]【男性】 【ヘアケア】 【カゼ】 【免疫】
標準摂取量(日本/米国):12mg/15mg サプリでの推奨摂取量:50mg 厚労省許容上限:30mg 適正価格(単一成分で1か月分):1000円

新しい皮膚を作ったり、免疫機能を強化させたりなどさまざまな働きをしている。そのような効果を発揮するにはタンパク質の合成が必要で、タンパク質を合成す る200以上の酵素の核となる物質が亜鉛なのだ。ちなみに、名前から「鉛」と関係がありそうだが、元素の性質上まったく関連はない。鉛毒とは一切無関係だ。

亜鉛が不足すると即座に分かる症状が味覚・嗅覚障害。食べ物がおいしくなくなったと感じたら、亜鉛不足を疑ってみよう。

また、男性の前立腺で性ホルモンの合成に関与。精力増強というわけではないが、正常に戻す働きがある。

 当サイトのコメント

以前は大量に摂取してもほとんど問題がないといわれていたが、最近では過剰摂取は免疫力の低下をまねくとの報告もある。

また、頭痛、吐き気、貧血の症状がでる可能性もある。

国の許容量は一日あたり30mgとなっているが、この量を若干超えたとしても過剰摂取になることはほとんどないと思われる。
当サイトでは50mgを推奨摂取量としている。
海外のサプリメントでは1タブレットあたり50mgのものが主流だ。
過剰症が出るのは体質にもよるが、2000mg以上といわれている。

1日100mgの摂取をはじめると、味覚が鋭くなったと実感できる。

亜鉛は髪の毛を作るさいの酵素にも関係しているので、育毛サプリメントの基本。

一部市販の加工食品などに含まれている、PH調整剤などの食品添加物や一部の生活習慣病の薬で亜鉛は体外に排出してしまうので、外食が多い人やそれらの薬を服用しているは気に掛けて摂取する必要がある。


関連記事