BCAA


筋力アップのためのアミノ酸


別名:分岐鎖アミノ酸/英文名:BCAA
[機能分類]【スポーツ】

筋肉組織内のタンパク質であるアクチンとミオシンの主要成分のアミノ酸。バリンロイシンイソロイシンの3種のアミノ酸を指す。

BCAAは運動をした後に活発になる筋肉タンパク質の合成を促進する働きがある。
また、筋肉タンパク質の分解を抑える作用もあるとされる。

脂質や糖質と同じように筋肉中でエネルギー源としても使われる。

 当サイトのコメント

この3種のアミノ酸はバランスを崩して摂取すると健康上問題のある体重減少をまねくので、食事以外で摂る場合はBCAAまたはプロテインなどのサプリメントを利用しよう。

一般的には運動前に摂取し、筋肉中でのエネルギー源とすることが多い(運動中に摂ることもある)。
そのため、運動後に摂ると筋肉を早く付けるのに効果的といわれている。

筋力アップで基礎代謝を上げるダイエットや体調維持にも使える。
ただし、ダイエット目的で使う場合は必ず運動を伴うこと。

BCAAはアミノ酸なのでもちろんカロリーがあり、運動などで消費や筋肉の材料に変換されないと、脂肪として蓄積されることになる(つまり、体重が増加する)。
運動を伴ったダイエットなら筋力アップで基礎代謝があがるベストな方法だ。


関連記事