DHA


脳の機能向上に重要


別名:ドコサヘキサエン酸/英文名:Docosahexaenoic Acid
[機能分類]【頭脳】 【動脈】 【高血圧】 【アレルギー】

n-3系の多価不飽和脂肪酸でEPAと同様にイワシやサンマ、マグロなどの魚介類に多く含まれる。

EPAが脳の入り口である脳関門を通過できないのに対し、DHAは脳の構成成分で脳や神経組織の発育に不可欠な栄養成分。
ニューロンという神経細胞の先端にも多く含まれていて、DHAを摂ることにより学習能力や記憶量がアップする。
ほか、アルツハイマー型や老人性痴呆にも効果を発揮。

DHAには血管壁のLDLコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、血流をよくする。
その結果、高血圧や動脈硬化、脳血栓などの生活習慣病を予防する働きもある。

また、ガンの発生を抑えたり、発生したガンの転移を抑える効果も報告されている。
抗ガン作用はEPAにもあるが、DHAのほうが強力だ。

魚類に含まれるほか、植物油中のα-リノレン酸はカラダの中でEPA→DHAと変換される。

 当サイトのコメント

DHAは脳や神経の発育に重要なため、現在では粉ミルクなどにも配合されているほど。

また、精神安定の効果もあるとされている。

EPAととも脳機能以外でも多くの効果が期待される。
抗ガン作用、脱毛の予防などもある。

できれば食品で補いたいが、サプリでの補給も現実的。


関連おすすめ情報!
関連記事