EPA


血液をサラサラにする


別名:エイコサペンタエン酸/英文名:Eicosapentaenoic Acid
[機能分類]【美肌】 【生活習慣病】 【アレルギー】

EPAはDHA同様、n-3系の多価不飽和脂肪酸で,、イワシやサンマなどの魚に多く含まれている。

EPAなど青魚の効用が発見されたのは、魚やアザラシなど多く摂取しているイヌイットの人たちに心筋梗塞などの病気が少ないとの研究からとされる。
イヌイットの摂取総コレステロールはヨーロッパ人の約2倍もあったにもかかわらず、心筋梗塞などの血栓症が非常に少なかった。
日本でも漁民と農民で同じような調査をして、やはり同じような結果が出ている。

EPAのおもな作用は、血小板の凝集を抑えて、血液をサラサラにすること。
ただし摂りすぎると、血が固まりにくくなることもあるので注意が必要だ。

ほか、血管を拡張させて血行をよくする作用も認められている。
脂肪の合成に関わる酵素の働きを抑制する作用があり、中性脂肪などが減少。動脈硬化や心筋梗塞、高血圧などの生活習慣病を予防することにも役立つ。

また、アレルギーや発ガンを誘発するとされるアラキドン酸の作用を抑制する効果もあり、花粉症などのアレルギー疾患やガンの予防にもなるといわれる。

 当サイトのコメント

EPA、DHAとも酸化しやすいので、ビタミンCビタミンEなど抗酸化力のある成分といっしょに摂るのが望ましい。

EPAは血液をきれいにする働きがあるので、その結果として美肌にもつながる。
昔から日本人は肌がきれいな国民といわれてきていた。
それは魚介類を豊富に食していたからに他ならないと美容関連の医師も太鼓判を押している。


関連おすすめ情報!
関連記事